井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

「自由」と「平等」について、改めて考えさせられた

公開日:

 アニメ映画ばかりが映画館で幅を利かせて、客を呼んでいる。嘆かわしい正月だった。あんなペタッとした奥行きのない画面のどこが面白いのかまったく分からない。なんて想像力のないヤツだとアニメおたくからバカにされそうだが、分からないものは分からない。雄大な風景の中で俳優たちの迫真の演技を見せる実写映画が見事に消え失せてしまった。60年代初頭からのあまたのアメリカ製の連続活劇テレビ映画の番組を、母親に「目が悪なるで!」と叱られながら夕飯も食わずに、テレビに穴があくほど見ていたテレビ第1世代のオレには、アニメは食いつきが悪いし、頼りない。汗の臭いもたばこの香りもムスタングのエンジンの熱さも全く伝わってこないのだ。

 正月らしい血湧き肉躍るスケールのデカい冒険活劇はほんとに見られなくなった。たかだかCG画像でごまかしたマーベルコミックの映画ぐらいだ。CGはリアルに描かれていてもしょせんCGアニメーション画だし、人の視覚細胞はすぐにこれはウソの世界だと見抜くから、真に迫ってくるはずもない。リチャード・バートンとイーストウッドがナチス相手に活躍する「荒鷲の要塞」や、リー・マービンやテリー・サバラスの「特攻大作戦」や「007・ダイヤモンドは永遠に」なんて、正月に見とかないとその年の計画が立てられなかった。まさしく生き方に影響したのだ。昔の正月を悔やむだけで年が明けてしまった。正月映画を見てないのに、おめでたいわけがない。トランプやゴーンの卑しい面構えをテレビで見ても何の感動もないし、目の毒だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る