ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

金属バットの“ヘラヘラ感”はブレークする芸人に共通する

公開日:

 面白いお笑いコンビには、ひとつの共通点がある。それは「ヘラヘラしている」ということだ。ネタを演じる前から、何かしゃべり始める前から、何となく雰囲気がふざけていて、薄笑いを浮かべているような感じがある。

 私がこれまでに見てきた限りでは、この「ヘラヘラ感」がある芸人は強い。例えば、若手の頃のダウンタウンにはその雰囲気があった。また、最近メジャーシーンに躍り出た千鳥にも最初からそういう感じがあった。さらに言えば、芸人ではないが電気グルーヴのピエール瀧と石野卓球もかつて深夜ラジオでこういうノリを見せていた。

 ヘラヘラしている芸人は、自分たちの間だけで通じる笑いの感覚をすでに持っている。そして、それを人前で隠そうともしない圧倒的な自信がある。それがタレントとして魅力的に見えるのである。

 昨今の若手芸人の中でこの「ヘラヘラ感」を最も強く感じるのが金属バットである。昨年末の「M―1」(テレビ朝日系)で準決勝に進み、お笑いファンの間でじわじわと人気が上昇している。女優の黒木華やタレントのホラン千秋も彼らの大ファンであることを公言している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る