黒田福美さん 今は亡き韓国フォーク界の巨匠が遺した一枚

公開日:

 ミステリーやサスペンスで幅広い役柄をこなす黒田福美さん(62)はエッセイスト、翻訳家、作家としても活躍。そして、芸能界きっての韓国通としても知られる彼女の大切な一枚はやはり、韓国につながるものだった。

  ◇  ◇  ◇

 この写真は1995年に起きた阪神・淡路大震災後の11月、被災した神戸市長田区で開催されたチャリティーコンサートでの一幕です。ギターを弾いて歌っているのは、このコンサートのために韓国から駆けつけてくださったチョ・ドンジンさん。79年のデビュー以来、韓国フォーク界のパイオニアであり巨匠として名を馳せた方です。その歌詞の美しさから「吟遊詩人」とも呼ばれました。

 私が長年、日韓のことをやっていて、誰からも理解されない時に、すごく慰められて愛していた曲を歌っていたのがドンジンさんなんです。そんな歌を長田区の皆さんにも届けたいと思いました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る