江藤あやさん<3>お金で仕事が認められる社員のありがたさ

公開日:

 アルバイトや派遣などで数々の仕事をしてきた私ですが、中でも一番印象に残っているのが、不動産系の建設会社での仕事でした。派遣スタッフとしてマンションの内覧会のアテンダントの仕事をすることになり、その会社と出合ったのです。アテンダントの仕事は、室内のインターホンなど主に設備機器についてお客さまに説明するというものでした。

 もともと住宅やインテリアに興味があったので楽しい仕事だったのですが、それ以上に、マンションというのは一世一代の大きな買い物。その人生の一ページに立ち会える仕事ということに充実感を感じました。

 その仕事をやっているうちに、「内覧会のマネジャーの仕事をやってみないか?」と話を頂き、面接する流れに。それに通って、最初は正社員ではなく登録スタッフとしてマネジャーをやることになりました。

 充実感を覚えながら仕事をさせていただいているうちに、事業主さんからご指名いただくようになり、スタッフの方々から「江藤さんの現場なら入りたい」と言っていただくことが増えました。すると「社員になってほしい」と声がかかったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る