江藤あやさん<2>施術が難しく…エステサロンは1年で退職

公開日:

 東京に出てきたのは、30歳も間近なころ。周囲には止められましたが、役者を極めたいと思って上京しました。

 荻窪にアパートを借りて、まずやることは生活のための職探し。派遣会社に登録をしました。すぐには芝居に関われないかなと思っていたのですが、やっぱりここでも人に恵まれていて。名古屋の舞台でお世話になった湯浅実さんがカトケン事務所(加藤健一事務所)で演技指導をされていて、カトケン事務所の卒業生たちが舞台をやるときに、名古屋弁指導でお手伝いをさせていただくことができたんです。

 それが愛知県岡崎市にある女子師範学校を舞台にした「見よ、飛行機の高く飛べるを」という作品でした。演じる側ではなかったですが、上京後すぐに舞台に関わることができたのは本当にうれしかったですね。おかげで役者の友達もできて、ありがたかったです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る