当時の披露興行は飲み会を毎晩開くのが恒例 鹿児島人は…

公開日:

 1987年、渋谷109で新作落語のネタ下ろしの会、「らくご倶楽部109」が始まる。メンバーは竹丸、三遊亭歌之介、春風亭勢朝、そして春風亭昇太である。

「毎月ネタ下ろしを演じたことで創作力が身に付きました。会の翌日に反省会を開いて、こうしたほうがもっと面白くなると、皆でネタを直し合ったのも勉強になりました。まあ、一番受けてたのは昇太ですけどね(笑い)。その頃作った『愛犬チャッピー』『力士の春』『ストレスの海』なんか今でもやってますよ。地方の落語会では必ず受けるそうです。あいつがいくらギャラをもらってるか教えましょうか」

 それは個人情報だから聞かなかった。

 竹丸が得意とする歴史ものの地噺、「田原坂」「五稜郭」などは、らくご倶楽部109でネタ下ろしした作品だ。

「昇太が『ストレスの海』でNHK新人演芸コンクールに出て、優秀賞を取りました。先を越された私は翌々年、『五稜郭』で出場し、最優秀賞を受賞しました。言っておきますが、優秀賞は2位で最優秀賞は1位ですからね。昇太にそう言ってやったら、彼も負けず嫌いですね。『でも、兄さんが取った賞はそれだけでしょ』って言い返されました。確かに昇太は国立演芸場主催の花形演芸大賞、芸術祭大賞などたくさん取ってます。だから私も言ってやりました。『おめでとうございます』って」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る