ハリウッド版「進撃の巨人」“最強の騎士”リヴァイ役は誰?

公開日:

 ハリウッドで実写映画化されることが明らかになったのは大ヒット漫画「進撃の巨人」。プロデューサーは「ハリー・ポッター」シリーズのデビッド・ハイマン(57)、米人気ドラマ「HEROES/ヒーローズ」でヒロ・ナカムラ役を演じ、「ヤッター!」のセリフが話題となったマシ・オカ(43)ら。メガホンを取るのは、米ホラー映画「IT/イット“それ”が見えたら、終わり。」のアンディ・ムスキエティ監督(45)。公開時期やキャストは未定だという。

 日本ではすでに2015年に三浦春馬(28)主演で初実写映画化され、前・後編が公開された。

「人気漫画の実写化の難しいところだが、前編を見た原作ファンからキャスティングなどに対して批判の声も上がった。後編は前編よりも興収をダウンさせてしまった」(映画ライター)

 ハリウッド版は邦画とは比べものにならないほど予算が潤沢なだけに期待が高まるが、気になるのはあの人気キャラを誰が演じるかだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  3. 3

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  4. 4

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

もっと見る