ぽっちゃりASKAの新境地 覚醒剤事件後初ライブを潜入ルポ

公開日:

 今回のツアータイトルは「billboard classics ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT2018―THE PRIDE―」。東フィル(東京フィルハーモニー交響楽団)のオケをバックにASKAが熱唱するのが見どころだが、ステージにオケのメンバーが着席、指揮者が登場しても一向に主役が出て来やしない。

 結局、オケのみの演奏で1曲目が終わったところで、大歓声を浴びながら満を持しての登場だ。わりと地味めな紺のスーツ姿。これはあれか、謝罪スーツか。

 土下座か、土下座やるのか、と思ったが、2曲歌い終えたところで本人の口から出たのは、まさかの「お待たせ~」「どんだけ~」「まぼろし~」の3連発。「昨日ユーチューブで見て、今日はこれしかないなと思った」と満足げだが、いまさらIKKOって。いや、IKKOさん本人ではなく、チョコプラのモノマネでも見たのか。にしても、いくらなんでも「まぼろし~」はねえ。まだ幻覚症状が……とあらぬ疑いをかけられてしまうのでは?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

もっと見る