ぽっちゃりASKAの新境地 覚醒剤事件後初ライブを潜入ルポ

公開日:

 東京国際フォーラム(千代田区丸の内)にあのASKA(60)が降臨! 実に5年8カ月ぶり、覚醒剤取締法違反で逮捕されて以後、初の全国ツアー初日(5日)に潜入した。

 まあ、ASKAに限ったことではないが、昨今のライブときたらチケット代(今回は税込みで1万1500円なり)だけでは飽き足らず、さらにファンから搾り取ろうとエグいほどグッズが充実している。なかでもひときわ異彩を放っていたのが、アロマオイル。〈大空〉〈海洋〉〈安息〉と3種類あり、ASKA自ら選んだ精油をブレンドしたのだそう。こりゃあ一嗅の価値あり、と〈安息〉を手に取ったものの、末端価格4100円の値付けにびっくり。それをありがたく買っているファンがいるからまたびっくりですよ。

 最大5000人が収容できるホールAの客席は2階後方席までびっしり。まずは、これならジュリーのようにドタキャンされる心配はないなと安堵した。腐ってもASKA。ファンはちゃんと待ってくれていたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る