志の輔さんが「みんな、客を呼ぼうよ」と怒ったんですけど

公開日: 更新日:

 駒沢大学を卒業した徳永青年は田ノ下青年と漫才コンビを組んだが、息が合わずに解散。当時「お笑い芸人の登竜門」といわれていた「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)にひとりで出場する。

「それが落語家になるきっかけになったのです」

 1980年当時の「お笑いスター誕生!!」という番組は勝ち抜き戦で、10週勝ち抜くとグランドチャンピオンになる。徳永良治(竹丸の本名)は5週勝ち抜き、銀賞を獲得したものの、6週目で落ちた。

「さあ、これからどうしようかと『お笑い――』のプロデューサーに相談したところ、『おまえは落語をやった時が一番生き生きしていた』と、落語家になるのを勧めてくれたんです。古典をやりたいなら春風亭柳朝師匠、新作をやりたいなら桂米丸師匠がいいと言われ考えました。自分はまだなまりが抜けてない。江戸弁の古典はとても無理だ。新作なら多少なまりがあっても平気かもと。それに米丸師匠は『お笑い――』の審査員だった縁もあります。そういうわけで米丸師匠を選びました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  2. 2

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  3. 3

    入籍で妊娠説も ベッキーがやっと乗り越えた“ゲスの呪縛”

  4. 4

    大河史上最速で視聴率1桁…「いだてん」を襲うNHKの包囲網

  5. 5

    そこまでやるかNHK 安倍首相と「遺恨」残す部署が解体危機

  6. 6

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  7. 7

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  8. 8

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

  9. 9

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  10. 10

    客寄せからガス抜きに出世 “ウォシュレット小泉”はどう?

もっと見る