志の輔さんが「みんな、客を呼ぼうよ」と怒ったんですけど

公開日:

 駒沢大学を卒業した徳永青年は田ノ下青年と漫才コンビを組んだが、息が合わずに解散。当時「お笑い芸人の登竜門」といわれていた「お笑いスター誕生!!」(日本テレビ系)にひとりで出場する。

「それが落語家になるきっかけになったのです」

 1980年当時の「お笑いスター誕生!!」という番組は勝ち抜き戦で、10週勝ち抜くとグランドチャンピオンになる。徳永良治(竹丸の本名)は5週勝ち抜き、銀賞を獲得したものの、6週目で落ちた。

「さあ、これからどうしようかと『お笑い――』のプロデューサーに相談したところ、『おまえは落語をやった時が一番生き生きしていた』と、落語家になるのを勧めてくれたんです。古典をやりたいなら春風亭柳朝師匠、新作をやりたいなら桂米丸師匠がいいと言われ考えました。自分はまだなまりが抜けてない。江戸弁の古典はとても無理だ。新作なら多少なまりがあっても平気かもと。それに米丸師匠は『お笑い――』の審査員だった縁もあります。そういうわけで米丸師匠を選びました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る