俳優・プロ雀士の萩原聖人「麻雀を五輪種目に」覚悟を語る

公開日:

  ――ブームをどう仕掛けるのか。かつては作家の阿佐田哲也(注3)率いる「麻雀新撰組」が一世を風靡。麻雀ブームが巻き起こった。

 浅田真央ちゃんとか藤井聡太君のような彗星のような存在が生まれたら一気に局面が変わる。最近、ドラマの撮影現場で2人の大女優さんから麻雀を覚えたいと言われました。脳トレにもなるし、麻雀をやる目的はさまざま。サイバーエージェントの藤田晋社長(注4)がMリーグを立ち上げた理由にはプロ野球が終わったシーズンの娯楽として麻雀が広まればいいなというのがあった。競技の裾野は広がっている。Mリーグがその牽引役になればいいなと思います。

  ――Mリーグ開幕前に「ミスター麻雀」こと小島武夫さん(注5)が亡くなった。

 本当に可愛がっていただきました。魅せる麻雀の元祖ですし、小島さんがいたから麻雀が世の中に広がった。ファン第一を貫いた姿勢と遺志は受け継ぎたい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る