俳優・プロ雀士の萩原聖人「麻雀を五輪種目に」覚悟を語る

公開日:

 深夜の麻雀番組「THEわれめDEポン」(フジテレビ系)では13回の優勝経験を持ち、“芸能界最強雀士”の異名を持つ萩原聖人さん(47)。10月1日に開幕した競技麻雀のプロリーグ「Mリーグ」(注1)にはドラフト会議を経て参戦中だ。プロとして“魅せる麻雀”を打つことはもちろんだが、賭博、イカサマ、徹マンなどネガティブで不健康なイメージがつきまとう斯界のイメージアップにも乗り出している。「目標は麻雀が五輪の正式種目になること」と意気込む初代“Mリーガー”に、麻雀が幅広く市民権を獲得するための現状分析と課題、展望を聞いた。

■「ライバルは世の中の偏見」

  ――10月18日の対局でMリーグ5戦目にしてプロ初勝利を挙げた。

 相手もプロですし、なかなか勝たせてもらえるわけではない。それでも東2局のリーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ1の跳満とかは自分らしいアガリかなと。初トップはうれしいですけど南場に入ってからの展開には課題もあった。赤ありルール(注2)の全自動卓だから実力者が集まっても7万点トップとかが生まれている。自分の麻雀をやればトップが取れるのはわかったけどトライ&エラーです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る