劣化知らず? 藤原紀香の豊かな表情「イジってない証し」

公開日:

 モデルの藤原紀香(47)が9日、都内で行われた、ちふれグループの新ブランドコスメ「HIKARIMIRAI」の発表会にブランドミューズとして登壇。大胆なスリットが入ったブルーのドレスで会場に花を添えた。

 梨園のストレスで激ヤセ報道もあったが、豊満な胸と美脚は変わらず。夫・片岡愛之助(46)は今回の就任に「『おお、よかったなー、趣味やんか』って言ってくれました」と活躍を応援していることを明かし、「中でもクリームファンデが好き。笑ってもファンデがヨレない。こんな感じの(表情が大きく変わる)話し方なので、表情を気にせずにいられるのはうれしいですね」とブランドをアピールした。

 アラフォー対象の化粧品ということで“年だと思う瞬間”について聞かれると「強いて言えば……階段の上り下りとか。(歌舞伎座など)エレベーターがなくて、和服で駆け上がったりするんですが、家に戻ってお風呂に入ったときに感じます。夏休みはないですね。主人が新橋演舞場の舞台に立っているのでよく行ってます」と妻として献身的に支えている様子も明かした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る