• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2ケタ発進も…フジ月9「絶対零度」のブランド力に疑問の声

 初回10.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)の2ケタ発進を切ったのは、沢村一樹(51)主演のフジテレビ系ドラマ「絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(月曜21時~)である。月9の初回としては昨年7月期の「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(16.3%)以来、4作ぶりの2ケタ超えとあって、スタートダッシュを褒めそやす声がかまびすしい。

 そんななか「違和感があった」と話すのは、コラムニストの桧山珠美氏だ。「絶対零度」を冠した過去2作品(10年、11年放送)は、上戸彩(32)が主演を張り新米女性刑事の成長を描いていた。デカ仲間も北大路欣也(75)や杉本哲太(52)、山口紗弥加(38)といった面々が出ていたが、今作で継続出演しているのは、関ジャニ∞の横山裕(37)ぐらい。それだってシーズン2の最終話にちょろっと出ていただけで、お馴染みの顔とは言い難い。要するに、冠は同じでも主演の沢村はじめ、多くの主要キャストが初登板という“全くの別物ドラマ”なのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る