• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

池上彰が共演NG? 有働由美子“ジャーナリスト宣言”の波紋

 10月から「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のメインキャスターをつとめる、元NHKアナウンサー・有働由美子(49)の「ジャーナリスト宣言」が波紋を呼んでいる。NHKの先輩でもある池上彰(67)との共演が断られたと発売中の「女性自身」が報じている。

 日本テレビは10月からの本格稼働に向け、有働と池上の夏の報道特番を企画、視聴率をガッポリ稼げると思いきや、池上サイドがこれを拒否し、番組は流れてしまったというのである。

 原因は有働のNHK退社時の「今後、有働由美子というジャーナリストとして……精進してまいります」という一言。これに池上は「ジャーナリストとしてはそんなに簡単にジャーナリストなんて自称してほしくない」と難色を示していたというのだが……。芸能評論家の肥留間正明氏がこう言う。

「池上氏はニュースの題材の背景、人間分析など多角的に情報を集めてわかりやすく説明するというスタイルを確立しました。ジャーナリストは事件を掘り下げ、ニュースを作るのが仕事。自身の信念で調査、主張を通すので、何でも扱うテレビ番組のキャスターとは本質的に異なります。時間的にも、平日レギュラー番組を担当した上で現場に取材に行くことは難しいですし、専門分野も絞らず、あんな宣言をした“浅はかさ”が池上さんをがっかりさせたのでしょう。とはいえ、有働さんほどの“テレビの申し子”はいませんから、今後は新番組の司会・キャスターを極めるべきです」

 まずはキャスターとして地歩を固めてからでも遅くはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る