• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

台本なしの副音声「どこの馬の骨とも分からない男に…」

 月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(フジテレビ系)では、副音声「五十嵐のスウィートルーム」で披露したMCも話題になった。主音声を食いまくった“やりたい放題”の舞台裏とは――。

「副音声用の台本はありませんでした。CMなどのタイムテーブルが記されたキューシートと呼ばれるカンペがあるだけで、ほぼフリートーク。純然たる放置プレーってやつです(笑い)。視聴率の伸び悩みに対する新たなテコ入れ策として副音声を入れる案が浮上。ナレーションを担当していた僕に白羽の矢が立ったんです」

 次回予告のナレーションを任されることは、第1話の放送ギリギリに決まったという。

「制作側としては次回予告や番宣CMを面白くしたいというもくろみがそもそもあったようで、いっそのこと謎の男・五十嵐にすべてを担わせてしまってはどうかという話になり、急きょナレーションも務めることになったんです。でも、いくら世界観重視のためとはいえ、どこの馬の骨ともよく分からない男にやらせてみようという、ある種の大勝負に出た制作陣の期待には何としても応えたいでしょ? 僕にベットしてくれるのなら大穴かもしれないけれど、結果出します! ってやる気の塊で挑みましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る