• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松岡修造が錦織圭に灼熱エール「早く俺のベスト8を抜け」

 元プロテニス選手でスポーツキャスターの松岡修造(50)が8日、自著「弱さをさらけだす勇気」(講談社)の出版記念イベントに登場。暑さを上乗せする“灼熱”トークを披露した。

 日めくりカレンダー「まいにち、修造!」シリーズは累計200万部、本作は先月27日発売ですでに5万部。出版不況を覆す修造パワーである。ところが、本人はメンタルが弱いという。「周りが強いと思っているけど全然違う。でもそれが指導者として生きています。強い人は天然で、もっと感性の言葉でしか指導できない。強いアスリートといえば吉田沙保里。あの人は天才! メンタルトレーニングなんて聞いたことがない。僕が今指導できるのはそうじゃなくて弱いからです」と語った。

 サッカー日本代表については「みんな好き勝手言っていたけれど、選手も監督も弱さをさらけ出した。だからあんなに早いペースで集中してチームが団結した。これほど勇気をもったチームは今までにないですよ」と絶賛。この日明け方、ウィンブルドン16強に残った愛弟子・錦織圭(28)については「圭は『芝は向いていない、ムリだ』と言っていました。芝ではケガもした。そんな“芝を制した”彼の人生が変わってゆく、圭の弱さが強さになった瞬間です。早くオレのベスト8を抜け! 優勝をもぎとって欲しい」と熱弁をふるった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る