• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小島一慶さん<1>「いいアナウンサーを目指しなさい」と…

 70年代は深夜ラジオが最も輝いていた時代。カメ&アンコーの「オールナイトニッポン」(ニッポン放送)、みのもんたの「セイ!ヤング」(文化放送)、そして「パックインミュージック」(TBSラジオ)がしのぎを削っていた。今回登場するのは、そのパックで大活躍した小島一慶さん(73)だ。

 声は年を取らないといわれるが、小島さんほど変わらない人も珍しい。「やあ、やあ」とあの人懐こい笑顔で登場した小島さんだが、幼少期は貧しい家庭で、父親を知らずに育った。 

「母には『お父さんは戦争で死んだ』と告げられていましたが、そうじゃないことは幼心にも、うすうす感じてました。妻子ある男性との許されぬ仲でした。母は僕を育てるために外に働きに出て、僕は祖父母の元で育てられた。祖母がかわいがってくれたため寂しい思いこそしませんでしたが、祖父が大酒飲みで、事業に手を出しては事あるごとに失敗していた。もともとは満州でビアホールを経営していたやり手の実業家だったのに、戦争で全てを失った。傷心で引き揚げてきた先が、祖母の実家の長崎です。今にして思えば、祖父が自暴自棄になって酒に逃げた気持ちも分からなくもない。まあ、そんな家庭で育ちましたから、『将来は普通のサラリーマンにはなれないだろう……』と思っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る