イベントを必ず盛り上げる男 大泉洋は“CM俳優”のかがみ?

公開日:

「キャスティングすると必ず盛り上げてくれる」(バラエティー番組制作関係者)と、全幅の信頼を寄せられている男といえば、俳優の大泉洋(45)。

 13日に行われた映画「焼肉ドラゴン」(22日公開、鄭義信監督)の大ヒット祈願イベントでも、その手腕をいかんなく発揮。地方都市の一角で焼き肉店を営む家族の姿を描いた本作の内容にちなんで自身の家訓を聞かれると、「きのうから考えてますけれど、ンなもんないですよ!」と一蹴。むろん、それで終わらせるようなヤボな男ではない。

 実父の教えだったという「(食べ物は)食べられるか、食べられないかは食べてから判断する!」と宣言して笑いを誘うとヒートアップ。「コーヒー一杯をケチる人間は大成しない」という家訓を披露した大谷亮平(37)の言葉を受け、自身がCMキャラクターを務める企業の商品名を出しながら、こうまくしたてたのだ。

「俺、さっき楽屋で、マネジャーから『ヤクルト2本くれ』って言われたんですよ。9本持ってたんですが、2本飲む意味が分からない。しかも、ヤクルト400ですよ!? スーパーやコンビニに売っているものとは違うんですよ!?」

 CM俳優のかがみである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る