• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「半分、青い。」鈴愛は発明家に転身? NHKに展開を聞いた

 週間平均視聴率20%台を4週連続でキープと好調のNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 ヒロイン鈴愛を演じる永野芽郁(18)の好演が評判になっている。先週は付き合いかけた正人(中村倫也)にフラれ、今週は幼なじみの律(佐藤健)と離別し、漫画家の道にひたすら打ち込もうとする。視聴者としては、この先の展開が気になるところだろう。

 番組紹介のHPには、鈴愛が〈やがて一大発明をなしとげる〉と書かれているが、なんと漫画家は挫折し、発明家に転身するというのだ。

「一応、漫画家デビューは果たすのですが、アシスタント仲間であるユーコ(清野菜名)もデビューし、どんどんユーコの方が漫画家として売れっ子になっていく。自分の非力を思い知った鈴愛は、漫画家を諦めてしまいます」(ドラマ演出家)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る