ひさびさの王道? 石橋杏奈と楽天・松井裕樹が“通い愛”1年

公開日:  更新日:

 女優の石橋杏奈(25)と東北楽天イーグルスの松井裕樹投手(22)のホテル密会を「週刊女性」がスクープした。

 5月下旬の「セ・パ交流戦」前日、松井が滞在するホテルにコンビニ袋を手にマスク姿の石橋が現れ、2人がエレベーターに乗り込む姿がキャッチされている。そして16時間の“密室デート”の後、石橋は地下鉄で帰ったという。

 同誌によるとすでに交際は1年以上、石橋は忙しい合間を縫って松井の試合も観戦しているという。

 石橋は、深田恭子(35)や石原さとみ(31)を輩出した「ホリプロスカウトキャラバン」出身で、今年1月クールのドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)や内村光良の「LIFE!」(NHK)での体当たりコントなどドラマからバラエティーまで幅広く活躍し、ポスト石原さとみとも囁かれている実力派。プライベートでは大の野球好きで、男子と一緒に野球チームでプレーした経験もあり、2017年には福岡ソフトバンクホークスの開幕戦始球式でマウンドに立っている。松井に好意を寄せる素地はあったといえるだろう。一方の松井は年俸1億4000万円(推定)、侍ジャパンに選ばれた有望株である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る