東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

公開日:

「ファンに手を出したら駄目だよ、変なことしたら駄目だよ、と言っているとは思います。しかし、ジャニーズほど所属タレントに寛容で自主性を重んじるというか放任のプロダクションはない。Jr時代はレッスンに来る来ないも自由。プライベートも自由で、どんなにハメを外しても『めっからなければいいよ』というのが基本スタンスなのですから」

 田原俊彦や近藤真彦のいた当時はマンションを合宿所と称し、ジャニー喜多川社長が直々に面倒を見ていたが、「今やジャニーさんも高齢ですし、Jrだけで人数が何百人もいて手が回らなければ目も行き届かない。管理は不可能です」(前出の関係者)という。

 もちろん、その中で日の目を見るのはほんの一握り。デビューすることなくひっそりとジャニーズを去り、まっとうに働く者も中にはいるが、その後、詐欺や強盗、オヤジ狩りで逮捕された者もいれば、ホストなど水商売に転向した者も少なくない。

 金の卵の養成装置のはずのJrだが、元TOKIOの山口達也(46)、NEWSの小山慶一郎(34)、加藤シゲアキ(30)ら社会人失格の犯罪者予備軍になっていないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    電動車いすで店に入れず…理髪師から広がった思いやりの輪

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る