東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

公開日:

 駆け出しの役者が先輩の背中を見て主役を夢見るように、Jrたちも一日も早くデビューしてSMAPや嵐のような売れっ子を目指す――。かと思いきや、この担当記者はこう続けた。

「大型グループ『KAT―TUN』のメンバーとして脚光を浴びながらもいまひとつパッとしないまま2016年に脱退、ジャニーズも退所した田口淳之介。彼はいまも音楽を続けているようですけど、ジャニーズ時代はデビュー後も渋谷のプールバーで深夜にナンパしたりしていました。ある意味売れない方がラクといいますか、売れて多忙になり、遊べずにストレスをためて暴発している者よりは自由で楽しそうに見えたりするんです」

■自主性という名の放任

 大々的に売れなくても女の子にチヤホヤされ、飲んでハメを外していられるのであれば、そう悪くはないのかもしれない。こうした背景が、酒とオンナでやりたい放題の素地をつくり、今のように社会問題化しているのは間違いないだろう。さて、ジャニーズ事務所はどのように“生活指導”しているのか。芸能関係者の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る