東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

公開日:

 駆け出しの役者が先輩の背中を見て主役を夢見るように、Jrたちも一日も早くデビューしてSMAPや嵐のような売れっ子を目指す――。かと思いきや、この担当記者はこう続けた。

「大型グループ『KAT―TUN』のメンバーとして脚光を浴びながらもいまひとつパッとしないまま2016年に脱退、ジャニーズも退所した田口淳之介。彼はいまも音楽を続けているようですけど、ジャニーズ時代はデビュー後も渋谷のプールバーで深夜にナンパしたりしていました。ある意味売れない方がラクといいますか、売れて多忙になり、遊べずにストレスをためて暴発している者よりは自由で楽しそうに見えたりするんです」

■自主性という名の放任

 大々的に売れなくても女の子にチヤホヤされ、飲んでハメを外していられるのであれば、そう悪くはないのかもしれない。こうした背景が、酒とオンナでやりたい放題の素地をつくり、今のように社会問題化しているのは間違いないだろう。さて、ジャニーズ事務所はどのように“生活指導”しているのか。芸能関係者の話。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  10. 10

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

もっと見る