鶴瓶さんが「兄さん、ちょっと出させて」と突然やってきて

公開日:

 しのぶ亭が出来て喜んでいるのは好楽の弟子たちである。落語協会や落語芸術協会のように寄席に出られない彼らにとって、道場のような拠点があるのはありがたいことだ。

「しのぶ亭をつくる前は、好太郎、兼好、好の助と弟子が3人しかいなかったのに、オープンしてわずか5年の間に、直弟子と孫弟子、せがれの王楽(元先代円楽門下)を合わせると15人に増えました。寄席があることで弟子が取りやすくなったとも言えます。中でも一番利用しているのは王楽なんじゃないですか。しょっちゅう勉強会を開いてネタ下ろしをしてる。所帯を持ったので同居はしてませんが、実家で会が開けるんですからいいですよね」

 王楽の話になると好楽は父親の顔になる。王楽が先代円楽の弟子になった経緯は後でくわしく話してもらうが、若手の有望株として業界で注目されている。仕事は順調だし、仲間と家族に恵まれて何不足ない暮らしだが、ここに至るまでは何度も挫折を繰り返している。好楽の落語家人生は決して順風満帆ではなかった。 (つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る