• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴瓶さんが「兄さん、ちょっと出させて」と突然やってきて

 しのぶ亭が出来て喜んでいるのは好楽の弟子たちである。落語協会や落語芸術協会のように寄席に出られない彼らにとって、道場のような拠点があるのはありがたいことだ。

「しのぶ亭をつくる前は、好太郎、兼好、好の助と弟子が3人しかいなかったのに、オープンしてわずか5年の間に、直弟子と孫弟子、せがれの王楽(元先代円楽門下)を合わせると15人に増えました。寄席があることで弟子が取りやすくなったとも言えます。中でも一番利用しているのは王楽なんじゃないですか。しょっちゅう勉強会を開いてネタ下ろしをしてる。所帯を持ったので同居はしてませんが、実家で会が開けるんですからいいですよね」

 王楽の話になると好楽は父親の顔になる。王楽が先代円楽の弟子になった経緯は後でくわしく話してもらうが、若手の有望株として業界で注目されている。仕事は順調だし、仲間と家族に恵まれて何不足ない暮らしだが、ここに至るまでは何度も挫折を繰り返している。好楽の落語家人生は決して順風満帆ではなかった。 (つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  2. 2

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  10. 10

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

もっと見る