鶴瓶さんが「兄さん、ちょっと出させて」と突然やってきて

公開日:

 しのぶ亭が出来て喜んでいるのは好楽の弟子たちである。落語協会や落語芸術協会のように寄席に出られない彼らにとって、道場のような拠点があるのはありがたいことだ。

「しのぶ亭をつくる前は、好太郎、兼好、好の助と弟子が3人しかいなかったのに、オープンしてわずか5年の間に、直弟子と孫弟子、せがれの王楽(元先代円楽門下)を合わせると15人に増えました。寄席があることで弟子が取りやすくなったとも言えます。中でも一番利用しているのは王楽なんじゃないですか。しょっちゅう勉強会を開いてネタ下ろしをしてる。所帯を持ったので同居はしてませんが、実家で会が開けるんですからいいですよね」

 王楽の話になると好楽は父親の顔になる。王楽が先代円楽の弟子になった経緯は後でくわしく話してもらうが、若手の有望株として業界で注目されている。仕事は順調だし、仲間と家族に恵まれて何不足ない暮らしだが、ここに至るまでは何度も挫折を繰り返している。好楽の落語家人生は決して順風満帆ではなかった。 (つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る