鶴瓶さんが「兄さん、ちょっと出させて」と突然やってきて

公開日: 更新日:

 好楽が自宅に<池之端しのぶ亭>をつくったのは、師匠の先代円楽が江東区東陽町に寄席<若竹>をつくり、わずか4年8カ月で閉館してしまったことが頭にあったようだ。

「師匠は経営が苦しくなって借金がかさむと、すっぱりやめてしまった。バブルのいい時期に売り払って借金を返済したからよかった。傍らで見ていて、寄席を経営するのはいかに大変かわかりました。その点、しのぶ亭は家賃がいらないし、維持費もたいしてかからないから借金することがない。気楽なもんです」

 公演日程は不定期で、月に数回開催されるが、若手の勉強会に限らず、好楽の人脈で多くの売れっ子落語家が出演するという。

「正月興行は豪華ですよ。小遊三さん、昇太さん、たい平さんら笑点メンバーが出ますし、小朝さんも出てくれる。志の輔さんは毎年2日、立川流の新年会がすぐ近くの中華料理店であるので、その帰りに飛び入り出演します。出演者を事前に発表すると満員になっちゃうから内緒にしてます。飛び入りと言えば鶴瓶さんが、『兄さん、ちょっと出させて』と突然やって来る。仲間というのはありがたいもんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る