鶴瓶さんが「兄さん、ちょっと出させて」と突然やってきて

公開日:

 好楽が自宅に<池之端しのぶ亭>をつくったのは、師匠の先代円楽が江東区東陽町に寄席<若竹>をつくり、わずか4年8カ月で閉館してしまったことが頭にあったようだ。

「師匠は経営が苦しくなって借金がかさむと、すっぱりやめてしまった。バブルのいい時期に売り払って借金を返済したからよかった。傍らで見ていて、寄席を経営するのはいかに大変かわかりました。その点、しのぶ亭は家賃がいらないし、維持費もたいしてかからないから借金することがない。気楽なもんです」

 公演日程は不定期で、月に数回開催されるが、若手の勉強会に限らず、好楽の人脈で多くの売れっ子落語家が出演するという。

「正月興行は豪華ですよ。小遊三さん、昇太さん、たい平さんら笑点メンバーが出ますし、小朝さんも出てくれる。志の輔さんは毎年2日、立川流の新年会がすぐ近くの中華料理店であるので、その帰りに飛び入り出演します。出演者を事前に発表すると満員になっちゃうから内緒にしてます。飛び入りと言えば鶴瓶さんが、『兄さん、ちょっと出させて』と突然やって来る。仲間というのはありがたいもんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る