• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鶴瓶さんが「兄さん、ちょっと出させて」と突然やってきて

 好楽が自宅に<池之端しのぶ亭>をつくったのは、師匠の先代円楽が江東区東陽町に寄席<若竹>をつくり、わずか4年8カ月で閉館してしまったことが頭にあったようだ。

「師匠は経営が苦しくなって借金がかさむと、すっぱりやめてしまった。バブルのいい時期に売り払って借金を返済したからよかった。傍らで見ていて、寄席を経営するのはいかに大変かわかりました。その点、しのぶ亭は家賃がいらないし、維持費もたいしてかからないから借金することがない。気楽なもんです」

 公演日程は不定期で、月に数回開催されるが、若手の勉強会に限らず、好楽の人脈で多くの売れっ子落語家が出演するという。

「正月興行は豪華ですよ。小遊三さん、昇太さん、たい平さんら笑点メンバーが出ますし、小朝さんも出てくれる。志の輔さんは毎年2日、立川流の新年会がすぐ近くの中華料理店であるので、その帰りに飛び入り出演します。出演者を事前に発表すると満員になっちゃうから内緒にしてます。飛び入りと言えば鶴瓶さんが、『兄さん、ちょっと出させて』と突然やって来る。仲間というのはありがたいもんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る