• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

赤塚不二夫<後編>笑いを生み出す力の裏には“悲劇的体験”

 ある大手出版社の新人賞の発表会でのこと。発表会の開始は午後3時ごろの予定だった。赤塚さんは若手社員をチョイチョイと手で呼び、

「あのオチャケちょうだい」

 Aさんがウイスキーの水割りを手渡すと、赤塚さんは満足そうにグビリと飲みはじめた。

 待ち時間に合計5杯の水割りを飲んだという赤塚さんは会場で気持ちよくなって舟をこぎ始めた。肝心な最優秀賞のプレゼンテーターの役目が回ってきて、担当の新人社員が、

「先生、発表です」

 と起こすと、赤塚さんは突然ビシッと立ち、プレゼンター席で賞を授与する前にこう言ったそうである。

「最近、漫画雑誌を見ていると似たような漫画が多い。実に嘆かわしい。今日この会場で言いたいことはひとつ『人の真似はするな!』はい、以上」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る