• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

自宅1階に寄席を開業 「こんな使い勝手のいいゲストは…」

 人気番組「笑点」名物、大喜利コーナーのレギュラーメンバーで知られる三遊亭好楽だが、落語家としての活動はあまり知られていない。一門が15人もいること、息子の王楽とは兄弟弟子だったこと、後輩の育成のため台東区の自宅1階に<池之端しのぶ亭>という寄席をつくったことなどである。

 そこで今回は、好楽の落語家人生を語ってもらった。まずは、しのぶ亭をつくった動機から伺おう。

「あたしは今年72歳になります。気がついたら落語界では上の方になっている。自分の師匠をはじめ、兄弟子、先輩方、皆亡くなってしまった。そこで、皆さんへの恩返しとして自分に何ができるか考えたら、後輩を育てるために寄席をつくることだと思い立ったわけです」

 6年前、自宅を新築するのに土地を探していたところ、地下鉄千代田線の根津駅から歩いて数分の場所に手頃な土地が見つかった。そこに3階建ての家を建て、2階と3階を住居に、1階をフローリングの寄席スペースにした。そして、2013年1月にオープンの運びとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る