小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

日テレ辻岡義堂アナ「困難かつ危険な道を進め」が座右の銘

公開日:

診断結果は…【良】

 ロシアW杯目前。2日の日本テレビ系「ズームイン!!サタデー」の「ぐっ!とモーニングスポーツ」でMC辻岡義堂は“アツい男”といわれるDF槙野智章に単独インタビューを敢行した。そのやりとりに2人のキャラクターが色濃く出ていた。

「槙野選手は“キメる男”だ」と言い切った辻岡に、槙野は「どういうことですか」と困惑した表情。辻岡が力強く「ゴールを決める。続いては音楽を決める。そして結婚も決めた」と言って「槙野さん、奥さんに一言」と振った。「ゴールを守らなければ、家族も守らなければ、髪形も守らなければ」と槙野がシンプルに決め、妻と1男1女と暮らす辻岡に「奥さんに感謝していますか。一言」と返す。すると辻岡が「いつも支えてくれてありがとう。支えてくれているから槙野選手にインタビューできます」と感謝の言葉を述べた。

 慶大総合政策学部卒で09年に入社。「ズームイン!!SUPER」で全国区になり、「ヒルナンデス!」「シューイチ」で人気者に。今は「ZIP!」MC桝太一の後継者と目されている。「ズムサタ」のMCになったのは3年前。番組で「日本全国土曜の朝にズームイン!!」とポーズを決める瞬間にやりがいを感じるというから、まさに適任。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る