• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能人vs週刊誌…熱愛・密会スクープを巡る攻防の最前線

 5月だけでも石原さとみ、三浦春馬、チュートリアル徳井など、芸能界の熱愛報道が止まらない。彼らも常に週刊誌には気を付けているはずなのに、なぜ撮られるのか?

■基本は張り込みだが…

 張り込みを専門とする週刊誌記者が語る。

「基本は自宅の張り込みですが、毎日動きがあるわけではありません。そういう日は都内を車で流して、芸能人のマイカーや事務所の送迎車を見つけて追いかけることもあります。スクープといっても、車を見かけて追っかけたらたまたま撮れただけのラッキーなんてことも多いんです。ただ、これまでは事務所ごとに送迎車が違うので分かりやすかったのですが、今は示し合わせたかのようにすべての事務所が黒いアルファード。リース契約も多いからナンバーを記憶しても仕方がないし、判別しづらくて大変なんです。アメ車の超大型SUVである黒いエスカレードで統一していたEXILEの事務所も今や送迎車は黒いアルファードが多いです。エスカレードが何台も並んで走っている姿は、ハリウッド映画みたいでカッコよかったんですけどね(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  4. 4

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  5. 5

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  6. 6

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  9. 9

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  10. 10

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

もっと見る