銀河鉄道999も実写化 80歳越えても松本零士が愛されるワケ

公開日:

 今年1月で80歳を迎えた「漫画家・松本零士」が今また大きくクローズアップされている。

 3月には「99.9―刑事専門弁護士―SEASONⅡ」(TBS系)で初のドラマ出演。5月には「銀河鉄道999」のキャラクターなどを描いた9種類のデザインマンホールが、少年時代を過ごした北九州市に設置され、JR小倉駅前で開催された式典にも出席した。

 さらにファンを喜ばせたのは、銀河鉄道999の新作だ。2007年を最後に中断していたが、生誕80年を記念して2月に刊行された「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に掲載されている。

 5月に北九州の劇団「青春座」が上演した自伝的舞台「零のサムライ 松本零士物語」の脚本を執筆した柏田道夫氏はこう言う。

「どこを切り取って描くか苦労しました。松本先生の頭の中は、そのまま宇宙空間のようで広大すぎる。そこに銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトが飛んでいて、キャプテンハーロックやメーテルはもちろん、トチローや『男おいどん』の大山昇太までいる。宇宙人そのままみたいな人ですね。お会いすると、幼少時代から漫画家になるまでの逸話を延々と語られる。でも、ご自分が描かれた漫画についてはあまり話されない。作品がすべて、松本零士の脳内世界の具現化で、読めば分かるということでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る