二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

“第2の剛力・石原”は時間の問題 女優がIT社長に求めるもの

公開日:

 元TOKIOの山口達也の“強制わいせつ事件”の衝撃度で隠れてしまったが、芸能界では独身同士の熱愛報道が相次いだ。なかでも関心度の高かったのが2組のカップル。

 剛力彩芽(25)がファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の前澤友作社長(42)と交際宣言。剛力は「恋愛禁止」が喧伝される事務所だけに意外だが、今はそんなルールを打ち出せば事務所のイメージも悪くなる時代。他にもさまざまなお家事情が伝えられているが、剛力と事務所のイメチェンを図るには前澤氏ほどふさわしい人はいない。

 会社の時価総額は1兆円を超え、個人資産は優に5000億円。事務所挙げて異例の応援エールで名うてのプレーボーイ前澤氏も責任重大だろう。剛力も激戦の続く若手女優界で壁に当たった感もあるだけに、ゆくゆくは事務所の先輩「ゴクミ(後藤久美子)」のようなセレブ夫人を目指すのも妙案だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る