• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
中川右介
著者のコラム一覧
中川右介

1960年東京生まれ、早大第二文学部卒業。出版社「アルファベータ」代表取締役編集長を経て、歴史に新しい光をあてる独自の執筆スタイルでクラシック音楽、歌舞伎、映画など幅広い分野で執筆活動を行っている。近著は「月9 101のラブストーリー」(幻冬舎新書)、「SMAPと平成」(朝日新書)など。

森繁久彌が“同じ心で歌っている”と激賞した「知床旅情」

 加藤登紀子が「知床旅情」という歌を初めて聴いたのは、後に夫となる藤本敏夫と最初に会った1968年3月のある日だった。

<初デイトだったその日、相当酔っ払ってもいたが、私の住んでいるマンションの屋上で夜空を見ながら、彼が朗々とこの歌を歌ったのだった。私は、ちょっと打ちのめされた! 歌手なのに、私はこんな風に気持ちよく人に歌を聞かせたことがない。>(自伝「運命の歌のジグソーパズル」から)

 レコードデビューをしている歌手の前で朗々と歌う学生運動のリーダーと、その歌に素直に打ちのめされる歌手――脚色はあるのかもしれないが、日本音楽史の名場面のひとつだ。加藤にとって、一目惚れならぬ「一耳惚れ」だったのかもしれない。加藤登紀子は藤本の歌に感じた「何か」を求めて自らの音楽を模索するのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る