• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
クロキタダユキ
著者のコラム一覧
クロキタダユキ

ワイルドシングス(1998年、米国)

 イケメン高校教師サムがセクシー女子高生をレイプ。サムは無実を訴えるが、被害者の母親は元セフレで町の権力者だ。娘がレイプされたことに激怒し、逮捕され、裁判に。窮地に陥ったサムに同僚教師が投げた言葉がコレ。

 釣り好きの同僚は、かつてサムに「そんなに魚を食うと、死んでしまうぞ」と言われたことを皮肉ったのだ。昔の大映ドラマか韓流ドラマのように、とにかく大どんでん返しが続く。誰が犯人かと推理しながら見ていても、最後まで黒幕が分からない。

「アウトサイダー」のマット・ディロンがサムを演じ、横暴な刑事を「フットルース」で有名なケビン・ベーコンが好演する。2人とも青春スターだったのに、いまや憎らしいほどの悪人面で、ホント、くせもの役者だ。

 信用できない貧乏弁護士を「ゴーストバスターズ」で名前を売ったビル・マーレイが軽妙に演じるのも一興だし、ボンドガールのデニス・リチャーズが美乳を披露して、レズや3Pに挑戦するのも必見だ。

 男なら、この美乳を拝むだけでも満足だろう。

 ギャルと一緒に自宅で酒でも飲みながら楽しんだら、1時間40分でエンドロールが流れたときには、そのオッパイに吸いつきたくなるはず。お薦めのB級官能サスペンスだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る