吉川圭三
著者のコラム一覧
吉川圭三

1957年、東京都生まれ。82年に日本テレビに入局、「世界まる見え!テレビ特捜部」「恋のから騒ぎ」「1億人の大質問!?笑ってコラえて!」などを手掛ける。現在、ドワンゴのエグゼクティブプロデューサーを務める。近著に「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館)がある。

水道橋博士<後編>硬派からバカまで…“師匠”譲りの振り幅

公開日:

 水道橋博士には恩がある。

「日本のテレビの歴史って面白くて秘かに先輩にインタビューしたりして調べてるんだけど、どこかで発表できませんかね?」

「それ僕のやっている『メルマ旬報』でやりましょう」

 こうして私のメルマガ連載「吉川圭三の『メディア都市伝説』」が始まり、博士がツイッターで呟いてくれたおかげで、新書を発刊するまでになった。それが「たけし、さんま、所の『すごい』仕事現場」(小学館刊)である。所ジョージさんには「読んだよ~面白かった」との言葉を頂き、この本のフィクサーである博士は、「ほら、こういうことがあるんだよね~。でもああいうことは記録しておかないとね。良かった。良かった」と喜んでくれた。

 博士と最初にプライベートで食事をした時の印象は「この人怒らせたらきっと怖い。しかも、公平に見て自己に正当性がある時しか怒らないだろうな」だった。記憶力も抜群、喧嘩の作法も知っている……そこは師匠譲りなのだろうか。大阪の生放送番組中にスタジオから出てしまったり、ノンフィクションライターの佐野眞一氏を闇に葬り去った橋下徹と一歩も引かずに武闘を演じたり、「笑っていいとも!」にゲスト出演したリリー・フランキーに高級ダッチワイフを持たせてスタジオを凍りつかせたり、硬派からバカまで振り幅がものすごい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る