三浦浩一さんの俳優人生を変えた 故・平幹二朗氏との稽古

公開日:

 伝説の劇団「東京キッドブラザース」でデビューして以来、俳優一筋41年。三浦浩一さん(64)はドラマや舞台で活躍してきたが、大きな壁にぶつかった時があった……。

 ◇  ◇  ◇

「もう限界だから、(舞台を)降りようと思ってる」

 カミサン(女優の純アリスさん)にこうコボしたのは9年前の12月のことです。

「何言ってるの。ありがたいと思いなさいよ。あなたに厳しいダメ出しを言ってくれる演出家なんて今はいないんだから」

 途端に言葉を返されて渋々、稽古に行ったのが今も忘れられません。

 その舞台は2年前に亡くなられた平幹二朗さん、麻実れいさん主演の「冬のライオン」(幹の会+リリックプロデュース)です。平さんがヘンリー2世、麻実さんは王妃、僕は息子のリチャードを演じ、2010年1月15日から24日までの東京・グローブ座を皮切りに約半年かけて全国を回りました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る