サイバー社は憤慨…テレ朝セクハラ会見「入場規制」の忖度

公開日:

 財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ問題は、テレビ朝日の対応にも批判が高まっている。

 麻生太郎財務相の「(被害を受けた)本人が申し出てこなければ、どうしようもない」との傲慢発言を受け、先週の「報道ステーション」を通じて女性記者が被害を受けていたことを明らかにしたテレ朝だが、その直後の緊急会見では入場制限を行ったからだ。

 テレ朝は「記者会見には当社の方から、日頃から当社の定例会見にご出席いただいているラジオ・テレビ記者会と、財務省の記者クラブである財政研究会の所属社にご案内をさせていただいた」と説明するが、週刊誌などの雑誌メディアやネットニュースはもちろん、女性記者の告発記事を掲載した週刊新潮までも会見に参加できなかったのだから、何のための会見なのかという批判も当然だろう。しかも、会見を自局で生中継することもしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る