サイバー社は憤慨…テレ朝セクハラ会見「入場規制」の忖度

公開日:

 財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ問題は、テレビ朝日の対応にも批判が高まっている。

 麻生太郎財務相の「(被害を受けた)本人が申し出てこなければ、どうしようもない」との傲慢発言を受け、先週の「報道ステーション」を通じて女性記者が被害を受けていたことを明らかにしたテレ朝だが、その直後の緊急会見では入場制限を行ったからだ。

 テレ朝は「記者会見には当社の方から、日頃から当社の定例会見にご出席いただいているラジオ・テレビ記者会と、財務省の記者クラブである財政研究会の所属社にご案内をさせていただいた」と説明するが、週刊誌などの雑誌メディアやネットニュースはもちろん、女性記者の告発記事を掲載した週刊新潮までも会見に参加できなかったのだから、何のための会見なのかという批判も当然だろう。しかも、会見を自局で生中継することもしなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る