• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

元NHK登坂アナ 松本人志にイジられ“印象ロンダリング”成功

 元NHKでフリーアナウンサーの登坂淳一(46)が15日、「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演し、「プライムニュース」キャスターの降板騒動について語った。

 登坂はメイン司会のダウンタウン松本人志(54)からは「“麿(愛称)″と呼んでいいのか、“下り坂さん″なのか」といきなりイジられ「どんなジャンルにも挑戦したい」とコメント。番組降板に関しては、降ろされたのではなく“自分から降りた″と語った。コラムニストの桧山珠美氏は「テレビ出演はまず成功でしょう」とこう分析する。

「今回の出演で登坂さんがイジってもいいキャラクターだと周知され、MXの『5時に夢中!』、TBSの『サンデー・ジャポン』、フジテレビの『バイキング』などにゲストで出演するストーリーが見えてきた。降板になったフジテレビから出演したことで“出入り禁止”になっていないこともわかったのはプラスでしょう。トークから本人はさほど面白いキャラクターとは思えません。が“ワキの甘さは日本一″ですから、今、旬のやらかしキャラでテレビ局を一巡できるはず。フジテレビ的にも“登坂イジリ″を踏み台に、反町理氏のパワハラ問題、松山俊行氏の愛人スキャンダルまで『プライムニュース』の暗部をまとめて松本がイジってふんわりバラエティーに昇華させ、悪しき印象を食い止めることができた。双方ウィンウィンでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る