ジャニーズへの不毛な忖度 元SMAP草なぎ剛“涙の弔辞”の裏

公開日:

 元SMAPの草なぎ剛(43)が14日、東京・青山斎場で、2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)のお別れ会に参列。代表して草なぎ、木村佳乃(42)、田口トモロヲ(60)が弔辞を読んだ。

 大杉さんとはいずれも主演作の「僕の生きる道」(フジテレビ系)、「任侠ヘルパー」(同)、「嘘の戦争」(同)など数多くの作品で共演。「最後はあの低い声で笑って漣さんの笑顔が残るだけなんだよね。本当にずるいよ」と惜別。「僕はやっぱりまた漣さんとお芝居したいです。ドラマとか映画とか舞台とかやりましょうよ」と声を震わせた。

「かなり思い入れのある弔辞で参列者は涙をこらえきれなかった。できたら、たっぷりとオンエアしたいところでしたが結局、いつものように“忖度”しなければいけない状態になってしまったんです」(ワイドショー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る