• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャニーズへの不毛な忖度 元SMAP草なぎ剛“涙の弔辞”の裏

 元SMAPの草なぎ剛(43)が14日、東京・青山斎場で、2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)のお別れ会に参列。代表して草なぎ、木村佳乃(42)、田口トモロヲ(60)が弔辞を読んだ。

 大杉さんとはいずれも主演作の「僕の生きる道」(フジテレビ系)、「任侠ヘルパー」(同)、「嘘の戦争」(同)など数多くの作品で共演。「最後はあの低い声で笑って漣さんの笑顔が残るだけなんだよね。本当にずるいよ」と惜別。「僕はやっぱりまた漣さんとお芝居したいです。ドラマとか映画とか舞台とかやりましょうよ」と声を震わせた。

「かなり思い入れのある弔辞で参列者は涙をこらえきれなかった。できたら、たっぷりとオンエアしたいところでしたが結局、いつものように“忖度”しなければいけない状態になってしまったんです」(ワイドショー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事