• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

標的は「西郷どん」か 池上彰“現代史番組”のお手並み拝見

「日曜ゴールデンの池上ワールド 池上彰の現代史を歩く」(テレビ東京系)が日曜ゴールデンに登場。8日の初回は「北朝鮮問題はなぜ起こったのか? 朝鮮戦争はまだ終わっていない!」と題した3.5時間の特番だった。出演は池上彰ほか助手に相内優香アナ、一緒に現代史を歩く“旅人”に宮崎美子と小島瑠璃子、元NHKの宮本隆治。

 宮本と池上はNHK時代の同期で、まずはその2人が「1968年日本現代史の現場」を歩くということで池上が青春を過ごした神田神保町へ。

 55年創業の喫茶店「さぼうる」で、お互いの初対面での印象や思い出話を語り合った後、古書店やレコードショップを歩き当時に思いを馳せる。

「学生運動」について池上はコメントを差し控えるといい、宮本は体育会系だったので学校を守る側でバリケードを撤去したことがあると告白。おじさん2人の思い出話は興味深いものだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る