• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

恋愛モノよりマシ 長澤まさみ主演の月9ドラマが意外に好評

 長澤まさみ主演の“月9ドラマ”「コンフィデンスマンJP」が意外に好評だ。脚本の古沢良太は月9では、堺雅人と新垣結衣の「リーガルハイ」や杏と長谷川博己の「デート~恋とはどんなものかしら~」などを担当し、低調なフジのドラマの中で数少ない話題作を生んでいる人物。

 長澤演じるダー子、東出昌大演じるボクちゃん、小日向文世演じるリチャードの3人がコンフィデンスマン(信用詐欺師)となり、強欲な人たちから大金をだまし取る痛快エンタメコメディー。

 毎回だまされ役で豪華ゲストが出演し、「第1話~ゴッドファーザー編」では江口洋介が経済ヤクザを、未唯mie(ピンク・レディー)がホストクラブの社長を演じた。

「サイコロを振る博打(ばくち)のシーンはぎこちないながらも大人のドラマという気がした。月9だからということで恋愛モノをやらなきゃいけないといった既成概念に捉われない姿勢はいいと思う」(ドラマウオッチャー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事