• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界きっての仲良し親子 関根勤に聞いた“子育ての極意”

 芸歴40年以上のベテランでも、カメオやチョイ役ではない本格的な声優の仕事は今回が初めて。13日に公開されたばかりの「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」(東宝系)で、タレントの関根勤(64)がカンフーの師匠の声を務めた。「一家で大ファン」と公言するように、“クレしん”の笑いと下ネタは、誰もがうらやむ孝行娘・麻里(33)の子育てに欠かせないものだったとか。その子育ての極意とは。

■「勉強がつまらない」と言う麻里に…

「麻里とは、ずーっとおふざけ。暇さえあれば、笑わせていました。僕も小さい頃から笑いの絶えない生活だったし。この世界に入ってからも笑わせてもらってきた。友人や知人にも面白い人が多い。それで、とにかく人生は楽しいものなんだってことを教え込もうって思ったの」

 たとえば、テレビでネタにもしてきた「ケツケツダンス」である。お尻を振るダンスは「しんちゃん」の十八番だが、関根も、麻里が小さかった頃にお尻を振り、パーカッションのように叩かせていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事