• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

義父に結婚を反対され「売れるため」に化粧を始めた

 清志郎が初めて化粧をしてステージに立ったのは、1978年の9月17日、渋谷のライブハウス「屋根裏」だったとされる。本人は「冗談で始めた」と語っていたが、本当のところはどうだったのか。

「私たちが石井さん(旧姓)と呼ぶ、のちの清志郎さんの奥さんに、化粧品会社の美容部員をしている友人がいらして、いただいた試供品がたまたま自宅にあり、それで始めたという説があります。石井さんのお話だと、ステージに上がる時はあのメークですが、自宅ではもっと違った意味で奇抜だったらしい。彼女が『ただいま』と帰宅すると、目の周りを真っ黒に塗ったサングラスみたいなメークの彼がいて、思わずのけぞったというエピソードもありました」

 周囲を驚かせようという彼なりのちゃめっ気だったのだろう。

「ただ、本当の理由は『売れたい』という切実な思いからかもしれません。当時、清志郎さんは石井さんとの結婚を真剣に考えていて、どうしても収入を安定させる必要があった。というのも、義父が2人の結婚に反対で、怒鳴り込んできたこともあったそうなのです。RCサクセションは72年に『ぼくの好きな先生』がヒットしましたが、その後しばらく低迷しました。その時、怒鳴り込んできた義父から『稼ぎはいくらある?』と聞かれた清志郎さんは、とっさに『10万円です』と答えたそうです。実際は7万円足らずで見えを張ったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る