• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「脚本家・倉本聰」ではなく渡の女房の石川俊子にしたら…

松田聖子、神田正輝の結婚式(1985年6月)で仲人を務めた渡夫妻(右が俊子夫人)/(C)日刊ゲンダイ

 制作サイドと見解の相違による喧嘩、のちに肺炎をこじらせて入院。自身初のNHK大河「勝海舟」(74年)を途中降板した倉本氏に突然、新たな作品のオファーが舞い込んだ。

碓井 東京の病院を退院して札幌に戻るとフジテレビの人が訪ねてきた。
<…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事