事務所も困惑 菅田将暉の両親がトークショー開催のウラ側

公開日:

「ずっと家族で見てきたので…遂に…涙がじわっと…溢れました」

 自身のブログにそう喜びをつづったのは、「日本アカデミー賞」で最優秀主演男優賞を獲得した俳優の菅田将暉(25)の父で経営コンサルタントの菅生新氏(58)。

 ブログでは、菅田には内緒でお忍びで会場に足を運んでいたことを明かした。かなり深い親子の絆をうかがわせるブログだが、実はこの父親が菅田の事務所にとって悩みの種だという。

「デビュー以来、菅田は本名を非公表で活動してきました。ところが、いつしか父親が世に出始め、菅田の本名がバレバレに。ブログは頻繁に更新していますが、菅田のオフレコ話も平気で書いています」(芸能ライター)

 菅生氏は大手製薬会社を経て企業教育コンサルタントとして独立後、ベンチャー企業のIPO(株式公開)をはじめ、テレビやラジオでレギュラーを持ち、講演・執筆活動もこなすなどマルチに活躍。おまけに、昨年は子育てについてつづった著書「スゴー家の人々~自叙伝的 子育て奮戦記~」を発売してしまったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る