無名時代の励みに 寺島進の心を打った北野武28年前の言葉

公開日:  更新日:

 2006年の日本アカデミー賞優秀助演男優賞をはじめ、数々の助演男優賞を獲得、名バイプレーヤーとして活躍中の寺島進さん(54)。無名時代を支えたのは、あの人の“一撃”だ。

 ◇  ◇  ◇

「兄ちゃん、今売れてなくてもずっと続けろよ」

 千葉・千倉町(現南房総市)の旅館でした。声をかけてくれたのは北野武監督(71)です。1991年10月公開の映画「あの夏、いちばん静かな海。」のロケが始まって数日後、「軽トラの男」という役を突然いただき、現場に入っていました。晩飯は大広間で監督以下、役者やスタッフらみんなで食べるのですが、助監督と隅っこで飲んでいたら「こっちに来なよ」って。しかも、目の前に座らせられて話してるうちに、こう言ってくれたんです。

「スポーツ選手とか俺らみたいに話す仕事ってのは反射神経とか運動神経が必要だから、現役生活って限られるけど、役者ってのは死ぬまで現役でいられるんだからさ。この先、20年後、30年後に売れて死ぬ間際に天下取ったら兄ちゃんの人生、勝ちだからよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る