• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

CM本数ゼロに…中居正広「ジャニーズ独立話」再燃の背景

「最盛時と比べるとレギュラー数は激減した。中居は来月9日開幕の平昌五輪のTBSメインキャスターに決定しましたが、実はTBSではなく、日テレの特番キャスターに内定したという話が関係者の間で飛び交っていた。でも、フタを開けてみれば日テレは嵐の桜井翔。桜井も08年の北京から6大会連続で同局の五輪キャスターを務めており、順当に見えなくもないが、今回に限っては大人の事情で中居から桜井にチェンジされたともっぱらです」(前出のキー局編成マン)

 過去に独立の意思を示し事務所に反旗を翻したタレントは、やはり、冷遇されるのか。中居の独立話はこうした要素から浮上しているわけだが、「だからといって、香取、稲垣、草彅と袂を分かった中居がいまさらカレンに合流することはあり得ない。あるとすれば老舗大手芸能プロのTやKへの移籍。関西のお笑い系Yの可能性も取り沙汰されている」(芸能プロ幹部)

 元国民的アイドルグループのリーダーの決断やいかに。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る