• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「愛の病」の熱演が話題 瀬戸さおりに芽生えた“毒女”

 2002年に起こった「和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件」を題材にした、映画「愛の病」(公開中)が話題になっている。物語は出会い系サイトで知り合った男からカネを巻き上げ、一目惚れした男との幸せだけを夢見る“毒女”が主人公である。初主演で濡れ場にも挑戦した瀬戸さおり(28)を直撃した。

 ポスターも瀬戸のヌードと刺激的。モデル出身の彼女にとって、迷いはなかったのだろうか。

「初めての挑戦にプレッシャーはありましたが、吉田浩太監督とお仕事させていただきたいと思っていましたし、作品の主人公・エミコとして生きる中で必要なシーンだったので、脱ぐということに迷いはありませんでした。物語が本当にあった事件ということも信じられなかったのですが、“ヤンキーなエミコ像”を外見からつくっていくうちに、共感できる部分が浮き上がってきました。エミコのイメージに合うように髪を赤く染め、私はたばこを吸わないので毎日たばこを持って練習したりしていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る