ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

叔父は上岡龍太郎 兄弟漫才の新星「ミキ」のポテンシャル

公開日:

 漫才とは会話の芸である。漫才師の中に夫婦や兄弟でコンビを組む人がいるのは、親しい関係であれば初めから会話のリズムが噛み合っているという利点があるからだ。

 日常的に会話をしていて、お互いのしゃべる間合いが体で分かっているため、漫才の中でも自然な感じで会話を進めることができる。それが夫婦コンビや兄弟コンビの強みだ。

 中川家に続く兄弟漫才師の新星として注目されているのがミキの2人だ。昨年末の「M―1グランプリ」では、初めて進んだ決勝で最終3組にまで勝ち残り、その名を一躍全国区に知らしめた。

 彼らの漫才の魅力は、もちろん兄弟ならではの息の合った掛け合いである。ボケ担当の弟の亜生(29=写真左)が変なことを言うと、すかさずツッコミ担当の兄の昴生(31=同右)が甲高い声でそれを訂正する。それでも亜生がとぼけた様子を見せていると、どんどんツッコミの語気が強まり、感情もヒートアップしていく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る