篠原涼子の仇取れるか 月9初主演の芳根京子にかかる重圧

公開日:

 民放各局の新ドラマが続々とスタートする中、早くも苦戦が予想されているのが、フジテレビの月9ドラマ「海月姫」だという。

「正直、主演を務める芳根京子(20)はまだまだ月9の主演を張れる“格”じゃない。その周囲を固める共演者もスケジュールが空いていたからたまたま出た感じ。制作サイドとしては“苦肉の企画”だったそうです」(フジ関係者)

 同ドラマは人気コミックを実写化。おしゃれに縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールラブコメディーだが、すでに14年、現在は芸名・のんとして活動する能年玲奈(24)が主演し映画化された。

「当時、能年はNHKの朝ドラ『あまちゃん』の出演後で勢いに乗っていましたが、それでも興収は5億円にも届かず。決してヒットしたとはいえなかった」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

もっと見る