• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

篠原涼子の仇取れるか 月9初主演の芳根京子にかかる重圧

 民放各局の新ドラマが続々とスタートする中、早くも苦戦が予想されているのが、フジテレビの月9ドラマ「海月姫」だという。

「正直、主演を務める芳根京子(20)はまだまだ月9の主演を張れる“格”じゃない。その周囲を固める共演者もスケジュールが空いていたからたまたま出た感じ。制作サイドとしては“苦肉の企画”だったそうです」(フジ関係者)

 同ドラマは人気コミックを実写化。おしゃれに縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールラブコメディーだが、すでに14年、現在は芸名・のんとして活動する能年玲奈(24)が主演し映画化された。

「当時、能年はNHKの朝ドラ『あまちゃん』の出演後で勢いに乗っていましたが、それでも興収は5億円にも届かず。決してヒットしたとはいえなかった」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る