日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

篠原涼子の仇取れるか 月9初主演の芳根京子にかかる重圧

 民放各局の新ドラマが続々とスタートする中、早くも苦戦が予想されているのが、フジテレビの月9ドラマ「海月姫」だという。

「正直、主演を務める芳根京子(20)はまだまだ月9の主演を張れる“格”じゃない。その周囲を固める共演者もスケジュールが空いていたからたまたま出た感じ。制作サイドとしては“苦肉の企画”だったそうです」(フジ関係者)

 同ドラマは人気コミックを実写化。おしゃれに縁のなかった少女と女装男子が繰り広げる騒動を描いたシュールラブコメディーだが、すでに14年、現在は芸名・のんとして活動する能年玲奈(24)が主演し映画化された。

「当時、能年はNHKの朝ドラ『あまちゃん』の出演後で勢いに乗っていましたが、それでも興収は5億円にも届かず。決してヒットしたとはいえなかった」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事