• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

MCの先輩に女を紹介するなら先輩ごとバンと抜く方がいい

会社は辞めた方がいいと思わない

 自分がプロの絵本作家さんに勝とうと思ったとき、勝っている部分ってどこかなと思ったら、画力は負けている。出版のノウハウもコネもツテもない。結局負けていることだらけだったんですけど、一つだけ、時間なら勝っていると思って。一つの作品を描くのにかけることのできる時間のことです。

 プロの人っていうのは、短いスパンで作品をポンポンと出さなきゃいけないけれども、僕は絵本が収入の柱じゃなかった。収入源はやっぱりお笑いだったので、絵本に極端な話、4年とか5年とかかけることができるんです。

 なんかよく、「会社辞めてイラストレーター一本で勝負しようと思うんです」みたいな相談を受けるんですけど、「え? でもイラストレーターになったとして最初は食っていけないけど、どうすんの?」って言うと「バイトします」って言うんです。

 いや、バイトするなら会社に勤めたままで、仕事から帰ってきて余った時間で絵を描くとか、土日で絵を描くとかってやれば、絵本作家にできないような時間のかけ方、たとえば一つの作品に10年かけることだってできるし。それはサラリーマン兼イラストレーターの人にしかできないから、一概に会社辞めた方がいいとは僕は思わない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事