• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
西野亮廣
著者のコラム一覧
西野亮廣

1980年、兵庫県生まれ。99年、漫才コンビ「キングコング」を結成。近年は絵本作家としても活躍。「えんとつ町のプペル」は映画化され、2019年の公開予定。10月発売の新刊「革命のファンファーレ~現代のお金と広告~」は早くもベストセラーに。オンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」運営。

MCの先輩に女を紹介するなら先輩ごとバンと抜く方がいい

会社は辞めた方がいいと思わない

 自分がプロの絵本作家さんに勝とうと思ったとき、勝っている部分ってどこかなと思ったら、画力は負けている。出版のノウハウもコネもツテもない。結局負けていることだらけだったんですけど、一つだけ、時間なら勝っていると思って。一つの作品を描くのにかけることのできる時間のことです。

 プロの人っていうのは、短いスパンで作品をポンポンと出さなきゃいけないけれども、僕は絵本が収入の柱じゃなかった。収入源はやっぱりお笑いだったので、絵本に極端な話、4年とか5年とかかけることができるんです。

 なんかよく、「会社辞めてイラストレーター一本で勝負しようと思うんです」みたいな相談を受けるんですけど、「え? でもイラストレーターになったとして最初は食っていけないけど、どうすんの?」って言うと「バイトします」って言うんです。

 いや、バイトするなら会社に勤めたままで、仕事から帰ってきて余った時間で絵を描くとか、土日で絵を描くとかってやれば、絵本作家にできないような時間のかけ方、たとえば一つの作品に10年かけることだってできるし。それはサラリーマン兼イラストレーターの人にしかできないから、一概に会社辞めた方がいいとは僕は思わない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る